【身体を温める習慣】健康を維持する家

こんにちは、富山で自然素材にこだわるホンモノの家。フジ創アイノスです。

日本人が考えだした身体を温める知恵は、先の腹巻のほかに風呂もあります。シャワーを浴びるよりも、温かいあ湯の中にしっかりとつかり身体を温める習慣があるのは日本以外では聞かれません。

衛生面で汗と汚れを流すだけではなく、身体を温めて血流を抑止、湯舟につかって一日を反省し、新しいアイデアを生み出し、その後の睡眠を誘ってくれます。

湯舟に浸かったときのため息で、なぜか気持ちは前向きになります。
風呂は身体にも心にも健康をもたらせてくれる、大事な生活文化です。

浴室は、しっかりとリラックスできる空間にしておきたいものです。
逆に、身体を冷やさないことをかんがえると、温かさを逃がさない家にすることも大切です。

省エネルギー住宅を求めることは冷暖房費を節約し,地球環境へ貢献するという大義のほかに健康を維持するためにも必要なことなのです。

また看護師は病人の体を冷やさないようにするために、毛布を掛けます。
実は患者が体温を奪われるのは部屋の冷気よりも壁や天井に吸収される熱が多いと教わるからです。

窓があれば、閉じていても熱は放射熱として逃げて行きます。毛布を掛けることで、放射熱として奪われるのを抑えるのです。

その意味では、壁や天井の材料にも工夫の余地があります。
熱伝導率の高い鉄や、熱容量の大きいコンクリートは放射熱を吸収しやすいので
避けなければなりません。周囲に吸収される熱が少なければ、もともと自分が発する熱が蓄えられて、身体は自然と温まります。

金属とコンクリートと木材の箱で、ハツカネズミを飼育した有名な実験があります。20日後の生存率は木材の箱の86%に対して、金属の箱では42%、コンクリートの箱では7%という結果でした。もちろん要因はいろいろと考えられますが、体温が取られたことも指摘されています。

————————————————————
フジ創アイノス
富山県高岡市江尻846-1
TEL0800-200-2661
————————————————————-

 

 

【地震・火災に強いのは】木造と鉄骨の思考実験

こんにちは、富山で自然素材にこだわるホンモノの家。フジ創アイノスです。

阪神淡路大震災から25年が経ちました。25年前の午前5時46分。
高架が横たわり沢山の家屋が崩壊し人が無くなる…大都会で起きた今でも日本中の皆さんの記憶に残る大災害です。
「耐震」「防災」が非常に重要な課題になったのもこの震災がきっかけとよく言われています

鉄やコンクリートよりも木材は弱いというイメージがあります。
地震にしても、火災でも鉄骨造りやコンクリート造りより木造は不安ではないでしょうか。

そこで強度について、頭の中で想像した比較の実験をしてみましょう。
例えば、長さ1cmくらいの鉄と木の棒をイメージしてみてください。この二本の棒を、たたき合わせてみたり、押しあったりするのを想像してみましょう。

現実の実験をしなくても答えは明白で、鉄の棒には傷一つできませんが、木の棒は折れてしまうでしょう。
圧倒的に、鉄の方が木よりも強いというイメージは誰もが持っています。

同じように地震の大きな力が
加わったときには、鉄骨の建物の方が強いと考えるのが普通のことです。

でも、1mの木の棒に比べて、鉄の棒には振り回すのも大変な重さがあります。
それだけ重さが違えば、比較にならないのかもしれません。

実際に地震の力というのは、建物の重さが重いほど大きくなり、軽いと弱くなります。
どんな建物に対しても地面が一気に動くので、それについてゆこうとする、慣性の力が働くのです。
ですから重たい鉄骨造りよりも、軽い木造の方が地震力は小さくなるのです。

————————————————————
フジ創アイノス
富山県高岡市江尻846-1
TEL0800-200-2661
————————————————————-

寒い冬に多い事故

こんにちは、富山で自然素材にこだわるホンモノの家。フジ創アイノスです。

 

健康を維持する住まいとはどのようなものでしょうか。

明確な答えがあれば楽ですが、健康法も数えきれないほどあり、答えを見つけるのは簡単ではありません。

しかも健康を維持する住まいとなればなおさらです。でも、ここではとても単純な答えとして”身体を温めること”を考えます。

 

そのことを一番実感できるのは、ほとんどの病気の死亡率が、冬に高いことです。

また、一日のうちで体温や外気温が低い午前3時~5時にも、死亡率は高くなります。

 

家庭内事故の傾向からも寒さの危険が読み取れます。事故の中でも93%が重篤となるほど、危険度が高いのは溺水です。

溺水がニュースになるのは夏場が多いのですが、消防庁の救急搬送人数のデータでは圧倒的に多いのは冬場です。

冬ほど溺れる人が多いというのはちょっと信じられないデータの様に思えます。でも、その多くが家の中で起きているということは容易に想像できます。身体が冷える時には、事故であれば健康であれ問題が起きやすいのです。

————————————————————
フジ創アイノス
富山県高岡市江尻846-1
TEL0800-200-2661
————————————————————-

身体を温めること

こんにちは、富山で自然素材にこだわるホンモノの家。フジ創アイノスです。

 

英語で風邪をひくことを「catsh a cold」といいます。

そして風邪の対策に、生姜やネギが良いと言われるのも、これらの食材が

身体を温める効果があるからです。身体を冷やして風邪をひき、身体を温めて

風邪を治すと考えれば、身体を温めることが健康によく結びついているかがわかります。

漢方薬でも生姜の類であるウコンなどが使われるのは、体を温め血流を促し、新陳

代謝を良くし、免疫機能を上げ、酵素の働きを高めるからです。

もともと人の体は70-100wの電球と同じくらい日常的に発熱をしています。

その中で最も熱を発生するのは筋肉です。その筋肉の7割が下半身にあります。

ウォーキングやジョギングが体にいいことも、下半身の筋肉を使うことによって

身体を温めることができるからと考えられます。

 

また内臓の中でも、常に筋肉を動かしている心臓や熱を持つ脾臓には、がんはで

きないと言われています。

ガン細胞は低体温の35度になると増殖しやすいので、ガンにかかりやすいのも冷えやすい

部位、胃・食道・肺・子宮・乳房ほど高くなっていると考えられています。

他にも、中華料理では食物は常に熱を通してから食べられます。

衛星の問題だけでなく、医食同源だからこそ生み出された食事法です。

 

また、寅さんのような日本の昔ながらのオジサンキャラクターには腹巻があるように、

昔の日本人はわらなどを腹に巻いていました。中国と違う日本の健康文化です。

 

これほど身体を温めることは、健康にいいことなのです。

では、身体を温め健康を維持する住まいはどうしたらいいのでしょうか?

————————————————————
フジ創アイノス
富山県高岡市江尻846-1
TEL0800-200-2661
————————————————————-

人の肌と自然素材

こんにちは、富山で自然素材にこだわるホンモノの家。フジ創アイノスです。

例えば食事の時にお椀1つを持って触った感覚で、漆器とプラスチックを区別している瞬間がありませんか。焼き物と比較すれば重さだけでもわかりますが、何となく肌に触れた触感で判断しています。実は人の肌はとても敏感で、超高感度のセンサーです。目や鼻や耳の感度では動物に適わなくても肌の触感は動物界一といっても過言ではありません。

例えば、猫のひげやいぬの鼻先の感覚がなくても、肌で微風を感じることができます。さらにその感覚は進化して、熟練した職人の指先では、精密機械で測ることの微妙な凹凸を感じることもできます。

その触感覚で触れば微妙なプラスチックの感覚察して、何となく偽物という気持ちに沸く人も少なくないと思います。

逆に人が愛着を感じるのは木材や石などの自然素材です。木材や動植物の繊維は人間と同じ地球の上の生を受けた仲間が生み出す素材です。生物由来の物質に愛着が生まれるのは当然です。

また、石や土を固めたものは生物由来では ありませんが、それなりに愛着を感じます。金属は自然の鉱石から取り出したものですが。金属アレルギーのある人も少なくありません。

人口の化学物質には多くのアレルギーがあるといわれますが、これらもパッチテストをして検査するように、肌に聴いて確認してみるのがよさそうです。

————————————————————
フジ創アイノス(ベリーズのおうちパートナー富山高岡店
富山県高岡市江尻846-1
TEL0800-200-2661
————————————————————-

自然素材とプラスチック

こんにちは、富山で自然素材にこだわるホンモノの家。フジ創アイノスです。

今、私達の身の回りにあるものを、改めて冷静に見てみましょう。
どれだけプラスチックの製品が多くなっていることでしょうか。

レジ袋やストローは、買い物バッグを持たなくても、あるいは歩きながら飲料を飲むのにも、とても便利なものです。
そのうえ、ほとんど無料で配られるものですから、ちょっとだけ使って用がなくなったら捨てられます。
そして、これらのプラスチックごみが正しく回収されずに海洋に流れ着き、大事な地球の環境を破壊しているのです。

他にも様々な電化製品から、衣服などを含めた身に着けるものまで、数えきれないほどの製品がプラスチックでできています。
木材の様に見えるものや、金属の様に見えるものも、実は印刷され、メッキされたプラスチックであったりします。
プラスチックは加工が容易で、コストも安いので工業製品に向いているのです。

でも、今更プラスチックを使わないで、生活品をそろえることはできないでしょう。
そんなプラスチックに様々な生活品が取って代わられたのも、わずか10数年前ほどの歴史です。
プラスチック以前は、多くは自然素材で作られていました。

木を削り、草を編み、土を固めて、石を削って作られていたものです。
そして、「本物」という言葉で、私たちはこうした自然の素材に愛着を感じているのです。
————————————————————
フジ創アイノス(ベリーズのおうちパートナー富山高岡店
富山県高岡市江尻846-1
TEL0800-200-2661
————————————————————-

【高岡 自然素材の家】 おしゃれなモデルハウス 公開中です!

こんにちは、富山で自然素材にこだわるホンモノの家。フジ創アイノスです。

「自分が住みたくない家を建てたくない」そんなフジ創アイノスのポリシーから

誕生した二棟のモデルハウスにフォーカスして魅力をお伝えしていきます。

【 内免ゼロエネ住宅 (31坪)】

アンティークでかわいい自然素材のお家

<こんな方にオススメ>

・夫婦、お子様1〜2人の家族

・光熱費をとことん抑えたい方

・家族の健康を考えたい方

建物面積:31坪

 

【モデルハウス公開中】

お時間の都合連絡いただければ家の中お見せします!

詳しくはこちら

https://www.fujisou-ainos.com/

————————————————————
フジ創アイノス(ベリーズのおうちパートナー富山高岡店
富山県高岡市江尻846-1
TEL0800-200-2661
————————————————————-

家づくりの「言った言わない」事件

こんにちは、富山で自然素材にこだわるホンモノの家。フジ創アイノスです。

よくありますよね。『言った』『言わない』事件。

「明日はお弁当はいらないから」

翌日。

「いらないなんて聞いてない!作ったじゃないの!」

「ちゃんと言ったよ!」

「聞いてない!」

「明日はゴルフだから。」

「えっ?みんなでバーベキューするって言ったじゃない!」

「そんなのきいてない!それに聞いていたとしても仕事だから。」

本当に数え上げたらきりがないほどありますよね、こういうこと。
普段の生活の中では、まあ痴話げんかくらいで住みます。

どちらから先に謝るかが、ポイントぐらいのことでしょうか。
しかし、30年いじょうの住宅ローンを組んでの家づくりではそうはいきません。

なにせ、出来上がってしまって、そこでずっと暮らすのですから。え、作り直してもらうって?
それはそれで『言った』『言わない』をちゃんと証明して、作り直す費用を出してもらわなければ、直してもらえません。

じぶんで追加でお金を支払えばいいですが、大工さんにとっては面白くありません。

せっかく汗水流して作ったのに壊してやり直すのですから。

さて、ずっと相手のせいにし続けますか?

————————————————————
フジ創アイノス(ベリーズのおうちパートナー富山高岡店
富山県高岡市江尻846-1
TEL0800-200-2661
————————————————————-

【高岡 自然素材の家】 おしゃれなモデルハウス 公開中です!

こんにちは、富山で自然素材にこだわるホンモノの家。フジ創アイノスです。

「自分が住みたくない家を建てたくない」そんなフジ創アイノスのポリシーから

誕生した二棟のモデルハウスにフォーカスして魅力をお伝えしていきます。

【 内免ゼロエネ住宅 (31坪)】

アンティークでかわいい自然素材のお家

<こんな方にオススメ>

・夫婦、お子様1〜2人の家族

・光熱費をとことん抑えたい方

・家族の健康を考えたい方

建物面積:31坪

【モデルハウス公開中】

お時間の都合連絡いただければ家の中お見せします!

詳しくはこちら

https://www.fujisou-ainos.com/

————————————————————
フジ創アイノス(ベリーズのおうちパートナー富山高岡店
富山県高岡市江尻846-1
TEL0800-200-2661
————————————————————-